スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーオーズ 第5話

第5話 追いかけっこと巣とセレブ
脚本:小林靖子
監督:金田治
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)

 モニターを通して映司(渡部秀)とアンク(三浦涼介)に声をかける鴻上(宇梶剛士)。映司はカンドロイドの詰め合わせをもらって有頂天となるが、人間のくせにメダルを集める鴻上にアンクは不信感を露にする。が、鴻上はそんなアンクに「商談をもってきた」と何事か提案しようとする。それは…!?
 
 そのころ、一人の少年が2人の青年と合流した。
「似合うよ、その姿」。
 何やら親しげに話し合う3人、実は彼らの正体は…?

仮面ライダー・渡部秀、歌手にも変~身!!

渡部秀
 9月からスタートした「仮面ライダーオーズ/OOO」(テレビ朝日系日曜・前8時)で主役を務める俳優の渡部秀(しゅう、18)が、歌手デビューすることが1日、分かった。役名である「火野映司(C.V.渡部秀)」として、3日放送分からエンディングテーマ曲「Regret nothing~Tighten Up~」(12月1日発売)を歌う。

 平成ライダーシリーズ(2000年「仮面ライダークウガ」以降)で、主演俳優がエンディングテーマ曲を歌うのは「仮面ライダー電王」(07年)の佐藤健(21)、「仮面ライダーキバ」(08年)の瀬戸康史(22)、「仮面ライダーディケイド」(09年)の井上正大(21)に続き4人目。

 撮影の合間や寝る前に練習し、初体験のレコーディングに臨んだ渡部は「主役が歌うこともある、と知っていたので、ドキドキしていた。話をいただいた時は、すごくうれしくて『来たか!』と思った」とノリノリ。東映・武部直美プロデューサーも「撮影現場でも『声がいい』と評判の渡部君。セリフと違ったちょっと高め(の声)で、こちらも魅力的です」と太鼓判を押している。

 レコーディングスタジオの雰囲気にも「撮影とは違った緊張感があった」と刺激を受けた様子。今月26日に19歳となることもあり「この作品を成功させて、役者としてもステップアップしていきたい」と大活躍を誓っていた。
(スポーツ報知より)

第4話 疑いと写メと救いの手

第4話 疑いと写メと救いの手
脚本:小林靖子
監督:柴崎貴行
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)

 ついにオーズとアンク(三浦涼介)の前に姿を現したグリード、カザリ。その姿に気を取られている隙に、ネコヤミーは再び門太(福沢重文)の体の中へ。ヤミーに寄生された門太は「食い物を」と叫びながら走り去ってしまう。
 追おうとしたオーズに攻撃を仕掛けるカザリ。アンクも身構えるが、カザリはメダルを取り戻すために、オーズを捨て自分たちグリードと手を組もうと提案する。かつてグリードを封印したオーズは、彼らにとっては敵。アンクもまんざらではなさそうだ。
 答えを保留したアンクに強大な力を見せつけて去っていくカザリ。
 これがグリードの力なのか…。
 呆然と見送るオーズ、そしてアンクはカザリと手を組んでしまうのか…!?

ライオディアス(ラトラーターコンボの必殺技)

仮面ライダーオーズのラトラーターコンボの必殺技です。

ライオディアス
ラトラーターコンボ

体内にためた全エネルギーを高熱に変えて放射する必殺技。
小さな町を消滅させてしまうほどの恐ろしい破壊力をもつとても危険な技。

ラトラーターコンボ
オーズがライオンメダル、トラメダル、チーターメダル、3枚の肉食動物のメダルで変身した姿。
とても戦闘能力が高い姿


オーズコンボチェンジ 02 仮面ライダーオーズ ガタキリバ コンボ
オーズコンボチェンジ 03 仮面ライダーオーズ ラトラーター コンボ

仮面ライダーオーズの映画は3本

冬に公開される仮面ライダーオーズの映画の内容が分かりました。



『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』
2010年12月18日(土)ロードショー
仮面ライダーオーズ 映画

仮面ライダー、地球の中心「核」へ。!
MOVIE大戦が超パワーアップ!

平成仮面ライダー10周年プロジェクト<秋の陣>として「次の10年に向けた、新たなるシリーズの第1作」をコンセプトに制作された『仮面ライダーW』。感動のラストを迎えた前作の興奮も冷めやらぬうちにスタートした『仮面ライダーオーズ/OOO』は、その志を確かなものにすべく、戦いのボルテージをヒートアップさせている。

2010年12月この2大ライダーが本格的タッグを組み、遂に壮大な<MOVIE大戦>を展開する! しかも「W編」には昨年の『仮面ライダー×仮面ライダーダブル&ディケイド MOVIE大戦2010』に登場したハードボイルドな仮面ライダー「仮面ライダースカル」が再び参戦。鳴海荘吉=吉川晃司を再び迎えて、今度はスカルの<ビギンズナイト>ともいえる物語が語られる。

一方、「オーズ編」では新しい仮面ライダーが登場。加えて織田信長のミイラが、オーメダルを利用した人造の体で蘇るという驚愕のドラマが描かれ、こちらも見逃せない! さらに「MOVIE大戦」では、<史上初ライダーが地球の中心「核」へ>。オーズとWが巨大な敵=<仮面ライダーコア(初のフルCGによる敵仮面ライダー!!)>と激闘する! 次々とスクリーンに映し出されるサプライズで、キミのハートにトリプルコンボだ!!

仮面ライダーオーズ映画

●ストーリー
「仮面ライダーダブル feat. スカル」
竜との結婚式を迎えてマリッジブルーの亜樹子は、翔太郎とフィリップと共に戦いに巻きこまれ、プテラノドンヤミーが持つメモリーメモリの力で、鳴海荘吉の過去を垣間見ることになる。舞台は風都で最初に起きたドーパント事件。なぜ荘吉は仮面ライダースカルになったのか? その謎がハードボイルドに明かされて行く……。

「仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望」
鎧に身をまとった織田信長のミイラが発見され、鴻上によって蘇生実験が開始される。ホムンクルス=人造人間となった<ノブナガ>と出会った映司は面倒を見る事になるが、ノブナガは尽きぬ欲望と復讐心に満たされていた。映司の心配をよそに、ノブナガはその2つの心を解き放って行く……。

「MOVIE大戦CORE」
過去の仮面ライダーたちの記憶を利用した恐ろしく巨大なエネルギー体の仮面ライダーが登場。それは<仮面ライダーコア>と名乗り、おぞましき力を発動させて行く! その力を止めるために、ダブルライダーは地球の奥深く中心「核」へと向かう……!
Wとオーズは、圧倒的な力を見せるコアとの激闘を開始してマグマの底に突入した。はたしてそこに存在する、コアのパワー源とは……!?

スタッフ:
原作:石ノ森章太郎
監督:田竜太
脚本:三条 陸・井上敏樹

「オーズ&ダブル feat.スカル」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』
2010年12月18日(土)ロードショー


 PROJECT BM! No.44 仮面ライダースカル
仮面ライダーオーズグッズ
プロフィール

仮面ライダーオーズ

Author:仮面ライダーオーズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
仮面ライダーオーズ ゲーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。